読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

入国審査のトラブル ロサンゼルス国際空港編

自分が住んでいる国から違う国に行くには入国が必要です。入国するには入国審査を受けないといけません。
 
入国審査って言っても難しくないんでしょ。yesって単語だけで通れるって聞いたことがあるし簡単。と思ってました。
僕はアメリカの入国審査をスムーズに通れませんでした。今回の記事はそれについて書いています。

f:id:k-farm1:20161113200717j:plain


入国する前に飛行機の中で入国審査カードを書きます。このカードは飛行機が空に上がってからキャビンアテンダーにもらいました。日本語と英語を選べます。英語に自信がある方は英語を選んでみるのも面白いです。日本語の方でも記入は英語なので英語を書く練習はしておきましょう。
 
このカードは表裏の2面あります。
まず自分の名前、誕生日などの個人情報を記入します。で入国理由や宿泊場所などの入国してからの情報を記入し、裏面に移動。裏面は持ち込みものチェックです。農産物、お酒を所持しているかみたいな事です。
これは約15分もあれば出来上がる簡単なものです。でもペンは持参しないといけないので忘れずお持ち込みましょう。僕はペンを持っていなかったので横の人に借りました。まさか持参しないといけないとは思いませんでした。
 
僕はロサンゼルス国際空港で入国審査を受けました。乗り換えと直通の2手に分かれ列に並びます。僕は乗り換えでしたが直通の方に並んでました。まぁそれでも大丈夫です。
 
入国審査官のところに行くと質問を4つくらいされます。予想してい質問なのでうまく答えれました。しかし1つだけひっかってしまいました。それは入国審査カードに宿泊先を書いてなかったってことです。
僕が宿泊先を書かなかったのは理由があります。
アメリカに滞在する場合はESTAという滞在権を事前に取得しておかないといけません。90日以内滞在のためのビザみたいなものです。それを記入した際は滞在場所を書かなくてよかったです。
だから入国審査カードにも記入しなくていいんだ。と思ってました。滞在先の住所も聞いてななかったので書きようがありませんでした。
で、ずっと入国審査官には ''I do't know''(知らない)って連発してました。そしたらちょっと離れた待合イスに連れてかれました。30分くらい待ちました。待ち時間にあぁ入国できん、終わった。と泣きそうになりました。
 
時間が経つと呼ばれました。英語で数多くの事を質問されました。何言ってるかわかりませんでした。ぼーっとしてたら通訳の方が来ました。国際空港でよかった。
 
質問は’’空港券のお金はどうやって貯めた’?’、’’日本で何やってる?’’、宿泊先との関係は?’’みたいな感じで膨大な内容でした。えっそんなこと聞いて意味あるってのもありました。
質問をすべて答えたら入国できました。もちろん全て通訳さんを通じての会話です。
で最後に通訳さんに’’お前入国審査なめんなよ’’ってお叱りを受けました。
 
入国審査と英会話を甘く見ていた自分に反省をしました。でもいい経験にもなったとも感じました。アメリカでなめんなよってなかなか言われませんから 笑
 
 
 
はじめて入国審査を受ける方は絶対に滞在先は書きましょう!こんな体験したい方は書かずに行きましょう。入国できなくても責任は取りませんが。
入国審査の形は国によって違いがあると思うのであまり無茶はせずに!!
 
 
 

1人旅 アメリカ編

半年前の話ですがアメリカに行ってきました。 

 

 
行く前からネットでいろんな情報を見ました。想像は膨らみワクワクしながら向かいました。想像を超える楽しい国でした。綺麗、面白い、危ない場所がありました。変わってる、優しい、怖い人達もいました。面積、人口が多いだけに見るもの、会う人がたくさんあったりいたりしました。
と言っても僕はアメリカの50州中3州しか行ってません。そう考えるとアメリカって本当に広いと感じます。
 
今回僕が行った州はカリフォルニア、ネバタ、アリゾナです!
 
カリフォルニア州はサンディエゴ、ハリウッドの街に行きました!

🇺🇸写真はサンディエゴの空母観光地の空母の甲板から撮った1枚
 

f:id:k-farm1:20161103233144j:plain


ネバタ州はラスベガスの街に行きました!

f:id:k-farm1:20161103233224j:plain


🇺🇸写真はラスベガスに夜景を楽しめるストラトスフィアタワーの1枚
 
ネバタ州はグランドキャニオンに行きました!

f:id:k-farm1:20161103233303j:plain


🇺🇸写真はグランドキャニオンでの1枚
 
どの州も独特の個性を持っていて物価やお店、人柄が違いました。例えばカリフォルニアは物価が高かったり、ハリウッドでは英語とスペイン語が入り混じって会話しています。ネバタ州のラスベガスは個性的な人達が多かったです!
どの州も楽しくていい場所でした。いい時間を過ごしました。
 
次回は1つ1つの街を細かく記事にしていきます( ^ω^ )
 

こんにちは!K farmです!

f:id:k-farm1:20161028011034j:plain

よろしくお願いします!野菜を栽培しています!休みの日は旅をしています!ヒッチハイクで観光地行ったり、農家さんの畑に行ってます。色んな人に会い話を聞いて勉強させてもらってます!

 

その中で見たもの、学んだことを共有したいと思いブログを始めました!
主に農業、旅関連の記事になります。

 

よろしくお願いします。