読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

航空母艦ミッドウェイ博物館を見てきた! 〜カリフォルニア州サンディエゴ〜

f:id:k-farm1:20161129001248j:plain

サンディエゴミッドウェイ博物館とはサンディエゴにある航空母艦ミッドウェイを観覧できる場所です。ミッドウェイは旧日本軍とも戦ったことがある船。日本についての展示物や話が聞けます。また航空母艦なので飛行機がたくさん見れます。

f:id:k-farm1:20161129002211j:plain

 

入場料金は大人17ドル(約1900円)。

外見から見るとかなり大きい空母です。全長296mあり、日本では見ることのできないでかさ!

入場してすぐに写真を撮ります。撮った写真は買うことができます。僕は買いませんでした。周りの人もほぼ買ってんかったです。その後に音声アナウンスが借りれます。日本語対応しているので英語がわからなくても詳しく話が聞けます。

 

音声アナウンスを貸してもらい後ろを振り返る飛行機が飾ってあります。空母なので飛行機が内蔵できるので天井が高く船内の広さを感じました。

f:id:k-farm1:20161129001405j:plain

f:id:k-farm1:20161130234943j:plain

 

たくさん通路があり船内の色んな場所まで行くことができます。

これはイカリをしまう広場。大きい船ですがイカリは日本のものとあんまり変わらない大きさに感じました。

f:id:k-farm1:20161129001425j:plain

 

次に隊員の部屋。かなり狭く感じました。エンジンが近くにあるのでうるさい。又は暑いので睡眠が十分にとれずストレスが溜まって辞める者が多かったそうです。ベットも高身長の人には窮屈なベットでした。

f:id:k-farm1:20161129001457j:plain

 

シャワールームはアメリカの一般家庭で比べると小さいです。でも日本と比べると普通の大きさです。

f:id:k-farm1:20161129001518j:plain

 

働く現場に行きました。マネキンが実際の風景を再現したいます。ほとんどがデスクワークなのでお偉いさんの仕事場。みんな服装がバラバラです。日本と違い作業服が統一してないのでしょうか。

f:id:k-farm1:20161129001535j:plain

 

縄の結び方や勲章、お偉いさんの写真が飾ってありました。

これは日本の自衛隊船にもありますね。

f:id:k-farm1:20161129001443j:plain

 

年季がある写真ばかり。

f:id:k-farm1:20161129001605j:plain

 

いろんなワッペンが飾ってあります。カラフルで可愛いイメージなのが多いです。

f:id:k-farm1:20161129001547j:plain

 

その後、食堂に行きました。実際に出されていたご飯がありましたが美味しそうではない見た目でした。実際、音声アナウンスでも美味しくないと言ってました。

 

そして最後に甲板に出ました。

f:id:k-farm1:20161129002743j:plain

 

すごく広い。海とサンディエゴの街を一望できます。少年たちがタイタニックの名シーンをしてました。この景色を見るとしたくなるんでしょうね。

f:id:k-farm1:20161201001804j:plain

 

ヘリや飛行機が何十機も置いてあり、中に入れる飛行機もあります。まとめて多種の飛行機が見れ、実際に飛んでいたと思うと興奮します。

f:id:k-farm1:20161201000116j:plain

 

 

 

甲板は自由に動き回れます。端から端まで歩くのも大変。自転車が欲しいくらい。広い分飛行機もたくさん置いてある。

f:id:k-farm1:20161129002846j:plain

 

飛行機の真横で椅子に座ってスタバコーヒー飲んでる人がいました。飛行機の間近でくつろぐのは中々出来るもんではないので貴重な体験です。f:id:k-farm1:20161130235010j:plain

 

 

 

 

後ろに写っている橋がコロラダ橋です。夕日が綺麗に見えるビーチや有名人の隠れ宿のコロラダホテルに行けます。こうしてみるとやっぱり長い橋です。f:id:k-farm1:20161103233144j:plain

 

ってな感じの場所がサンディエゴミッドウェイ博物館です。

僕は3時間かけて回りました。音声アナウンスを全部聞いて回ろうとすると半日はかかるかもしれないですね。周りにも観光する場所、ダウンタウンがあるので1日はここで楽しめるはずです。

 

サンディエゴに行った時はここを訪れてみてはいかかでしょうか。

 

 

 

 

 

世界最大級のサンディエゴ動物園に行ってきた。

サンディエゴ動物園は世界一動物の種類が多く、面積も世界上位クラス。一緒に行った方(略:ホスト)に聞くと徒歩では1日かけても回れないと聞いた。広い分バスやロープウェイを使って時間短縮をするそう。でもその方法だと動物を見るのが一瞬でじっくり見れないので歩いて周った。

 

入場料は50ドル(約5000円)。今年で100周年。

 

盛り上がっていました。

f:id:k-farm1:20161124224724j:plain

 

中に入ると大きな柵がたくさん並んでいる。カラフルなバスもたくさん走っている。

動物を見に行く前に腹ごしらえ。入って右手にあるホードコートでバーベキューハンバーガーを食べました。f:id:k-farm1:20161124224818j:plain

皿の上に乗った新聞が少しおしゃれ。ハンバーガーはバーベキューのタレを漬け込んだすじ肉だけで野菜が入ってません。さすがアメリカンって感じ。味が濃かったからマカロニをお口直しに。でもマカロニだけでは足りなく野菜が欲しかった。ホストはサンドイッチを食べていた。

f:id:k-farm1:20161124225135j:plain


ハンバーガーとサンドイッチが多々あり、8ドル(約800円)前後で食べられるおいしいフードコートでした。

 

腹ごしらえもできたから早速、動物園を回ろうと地図を見た。地図の規模がディズニーランド。

f:id:k-farm1:20161124224554j:plain

 

なにやら大まかに9つの区で分かれている。象の区、猿の区、熱帯雨林の区、南極の区的な感じ。見たい動物によって歩くルートがす10種類ある。僕たちはより多くの動物をみたかったので端から動物園を回るようにして歩くようにした。でも途中でどこにいるかわからなくなりとりあえず前に進んだ。

 

歩いて思ったのが道が広し、檻も大きい。猿の檻なんかジャングルみたいで奥行きがある。動物がいないのにただただひろい場所があったりと、さすがアメリカサイズ。

f:id:k-farm1:20161124235637j:plain

 

こらは象の檻。広くて大きい。檻が太い。象の強いことがわかる。

f:id:k-farm1:20161125004334j:plain

 

 

動物の餌やりが時々観れた。コンドルの餌やりはネズミ。日本だとネズミはそのまま出からそれを見て驚いた。動物の餌を狩る迫力と臨場感が味わえる。

 

時々、道の真ん中に動物の実寸サイズの模型がある。シロクマとゾウはめちゃデカい。こんな大きい動物が襲ってきたらひとたまりもない。シロクマって立つとこんなにでかいんだ。

f:id:k-farm1:20161124225740j:plain

f:id:k-farm1:20161124225746j:plain

 

日本と違い雨がほとんど降らないサンディエゴでは園内に生えている草が珍しい。水菜に似た植物を見つけた。もしかすると原種なのかも。

f:id:k-farm1:20161124225448j:plain

 

動物だけでなく昆虫やタランチュラがいた。

f:id:k-farm1:20161124231520j:plain

f:id:k-farm1:20161124231611j:plain

 

これは動物の骨を展示してある。英文が読めないので意味がわからなかった。多分何年前に見つかった的なことが記載されているだろう。ここは骨好きの人は大興奮する場所かな。

f:id:k-farm1:20161124231832j:plain

 

世界一種類が多いだけあって有名なゾウ、キリン、パンダ、コアラ、ライオン、トラを始め、ラクダやサル、チンパージー、オラウータンなどのサル類、フラミンゴやワシなどの鳥類がいる。またワニやカメ、スッポンなどもいる。初めて見る動物もいて楽しめる。

ちなみにパンダは大人気なので列になっていて30分ほど待たないと見れない。列に並んでいると話しかけられるのでアメリカのフレンドリー感を味わえる。

f:id:k-farm1:20161124225343j:plain

やっぱりゾウは迫力がある。

 

f:id:k-farm1:20161125004203j:plain

亀やスッポンが沢山いる水槽。その中にワニが3匹いました。食べたりしないのかな。

 

f:id:k-farm1:20161125004252j:plain

綺麗なフラミンゴ。沢山います。

 

看板にはびっしりと説明文が書いてあり、1つ1つ見ているとあっという間に時間が過ぎてしまう。何が書いてあるかわからないが動物の生息地の説明が書かれていると思われる。

f:id:k-farm1:20161125004219j:plain

 

サンディエゴに行くことがあればぜひ足を運んでみてください。また行く時期によっても動物の動きが変わります。僕は3月の中旬に行きました。暑い日だったので3分の1の動物が日陰に隠れ疲れ果ててました。元気な姿を見たいときは涼しい時期を狙って行くのがいいでしょう。

 

 

入国審査のトラブル ロサンゼルス国際空港編

自分が住んでいる国から違う国に行くには入国が必要です。入国するには入国審査を受けないといけません。
 
入国審査って言っても難しくないんでしょ。yesって単語だけで通れるって聞いたことがあるし簡単。と思ってました。
僕はアメリカの入国審査をスムーズに通れませんでした。今回の記事はそれについて書いています。

f:id:k-farm1:20161113200717j:plain


入国する前に飛行機の中で入国審査カードを書きます。このカードは飛行機が空に上がってからキャビンアテンダーにもらいました。日本語と英語を選べます。英語に自信がある方は英語を選んでみるのも面白いです。日本語の方でも記入は英語なので英語を書く練習はしておきましょう。
 
このカードは表裏の2面あります。
まず自分の名前、誕生日などの個人情報を記入します。で入国理由や宿泊場所などの入国してからの情報を記入し、裏面に移動。裏面は持ち込みものチェックです。農産物、お酒を所持しているかみたいな事です。
これは約15分もあれば出来上がる簡単なものです。でもペンは持参しないといけないので忘れずお持ち込みましょう。僕はペンを持っていなかったので横の人に借りました。まさか持参しないといけないとは思いませんでした。
 
僕はロサンゼルス国際空港で入国審査を受けました。乗り換えと直通の2手に分かれ列に並びます。僕は乗り換えでしたが直通の方に並んでました。まぁそれでも大丈夫です。
 
入国審査官のところに行くと質問を4つくらいされます。予想してい質問なのでうまく答えれました。しかし1つだけひっかってしまいました。それは入国審査カードに宿泊先を書いてなかったってことです。
僕が宿泊先を書かなかったのは理由があります。
アメリカに滞在する場合はESTAという滞在権を事前に取得しておかないといけません。90日以内滞在のためのビザみたいなものです。それを記入した際は滞在場所を書かなくてよかったです。
だから入国審査カードにも記入しなくていいんだ。と思ってました。滞在先の住所も聞いてななかったので書きようがありませんでした。
で、ずっと入国審査官には ''I do't know''(知らない)って連発してました。そしたらちょっと離れた待合イスに連れてかれました。30分くらい待ちました。待ち時間にあぁ入国できん、終わった。と泣きそうになりました。
 
時間が経つと呼ばれました。英語で数多くの事を質問されました。何言ってるかわかりませんでした。ぼーっとしてたら通訳の方が来ました。国際空港でよかった。
 
質問は’’空港券のお金はどうやって貯めた’?’、’’日本で何やってる?’’、宿泊先との関係は?’’みたいな感じで膨大な内容でした。えっそんなこと聞いて意味あるってのもありました。
質問をすべて答えたら入国できました。もちろん全て通訳さんを通じての会話です。
で最後に通訳さんに’’お前入国審査なめんなよ’’ってお叱りを受けました。
 
入国審査と英会話を甘く見ていた自分に反省をしました。でもいい経験にもなったとも感じました。アメリカでなめんなよってなかなか言われませんから 笑
 
 
 
はじめて入国審査を受ける方は絶対に滞在先は書きましょう!こんな体験したい方は書かずに行きましょう。入国できなくても責任は取りませんが。
入国審査の形は国によって違いがあると思うのであまり無茶はせずに!!
 
 
 

1人旅 アメリカ編

半年前の話ですがアメリカに行ってきました。 

 

 
行く前からネットでいろんな情報を見ました。想像は膨らみワクワクしながら向かいました。想像を超える楽しい国でした。綺麗、面白い、危ない場所がありました。変わってる、優しい、怖い人達もいました。面積、人口が多いだけに見るもの、会う人がたくさんあったりいたりしました。
と言っても僕はアメリカの50州中3州しか行ってません。そう考えるとアメリカって本当に広いと感じます。
 
今回僕が行った州はカリフォルニア、ネバタ、アリゾナです!
 
カリフォルニア州はサンディエゴ、ハリウッドの街に行きました!

🇺🇸写真はサンディエゴの空母観光地の空母の甲板から撮った1枚
 

f:id:k-farm1:20161103233144j:plain


ネバタ州はラスベガスの街に行きました!

f:id:k-farm1:20161103233224j:plain


🇺🇸写真はラスベガスに夜景を楽しめるストラトスフィアタワーの1枚
 
ネバタ州はグランドキャニオンに行きました!

f:id:k-farm1:20161103233303j:plain


🇺🇸写真はグランドキャニオンでの1枚
 
どの州も独特の個性を持っていて物価やお店、人柄が違いました。例えばカリフォルニアは物価が高かったり、ハリウッドでは英語とスペイン語が入り混じって会話しています。ネバタ州のラスベガスは個性的な人達が多かったです!
どの州も楽しくていい場所でした。いい時間を過ごしました。
 
次回は1つ1つの街を細かく記事にしていきます( ^ω^ )
 

こんにちは!K farmです!

f:id:k-farm1:20161028011034j:plain

よろしくお願いします!野菜を栽培しています!休みの日は旅をしています!ヒッチハイクで観光地行ったり、農家さんの畑に行ってます。色んな人に会い話を聞いて勉強させてもらってます!

 

その中で見たもの、学んだことを共有したいと思いブログを始めました!
主に農業、旅関連の記事になります。

 

よろしくお願いします。